会員情報変更はこちら 会員サービス



学会からのお知らせ

講習会「IoT時代のBACnetの動向」のご案内

 国際規格ISO16484シリーズにてBACS(Building Automation and Control System)とオープン化通信プロトコルBACnetが規定され、オープン化BACSとBACnetの導入が我が国だけではなく世界的な傾向となっています。今日ではBACnet 通信は建築施設におけるインフラ規格となり、ビルの必須のオープン化通信技術として定着しています。BACnetは2016年1月にBACnet2016へとバージョンアップし機能が拡張され充実しました。またBACSは今後のビル設備のIoT化の中心的な存在であります。
 このたびBACnet通信およびBACS構築の技術者向けにBACnet2016、BACnet 2012およびBACnetシステムガイドラインをベースにIoT時代に対応するBACnetの動向の講習会を開催します。奮ってご参加ください。

お申込みはこちら

日 時

2018年11月6日(火)9:30~16:50 (受付:9:10)

場 所
東京電業会館地階大会議室
〒107-0051 東京都港区元赤坂1-7-8
講習内容

時 間

・講習題目
※内容

講 師

9:30-10:20

・IoT指向のBACnetの構成と動向

※IoT指向のBACnetの構成と内外の動向を解説

豊田 武二 氏

(豊田SI技術士事務所)

10:20-11:10

・BACnetとフィールドネットワーク

※BACnet とMS/TP、LonおよびKNXの機能分担についての解説

鈴木 智幸 氏

(ジョンソンコントロールズ㈱)

11:10-12:00

・IoTに向けたBACnetのプロトコル

※BACnetのIPフレンドリー化への対応についての解説

伊藤 弘 氏

(アズビル㈱)

12:00-13:00

休 憩

13:00-13:50

・BACnetとワイヤレス化

※BACnetとWi-Fi、ZigBee他によるワイヤレス化についての解説

妻鹿 利宏 氏

(三菱電機ビルテクノサービス㈱)

13:50-14:40

・IoTに向けたBACnetのオブジェクトとサービス

※BACnetの各種サービスをIoTの視点からの解説

朝妻 智裕 氏

(東芝インフラシステムズ㈱)

14:40-14:45

休 憩

14:45-15:35

・BACnet/WSとクラウド型BACS

※BACnet/WSとクラウド型BACSをIoTの視点からの解説

大山 晋平 氏

(㈱日立製作所)

15:35-16:25

・BACnet2016の概要と特徴

※最新版のBACnet2016の概要と特徴を解説

藤井 六郎氏

(アズビル㈱)

16:25-16:50

総合質疑

全 講 師

参加費

項 目

会員(正・賛助)

会員外

①受講料

12,000円

16,000円

参考図書(①に加え購入希望の場合)

②BACnet ®システムインターオペレビリティガイドライン(ASHRAE135-2012)

2,916円

3,240円

③ANSI/ASHRAE Standard 135-2012 BACnet ビルディングオートメーションデータ通信プロトコル

18,000円

20,000円

テキスト及び参考図書のお渡し

当日、受付でお渡しします。

建築設備士CPD(協議会CPD)

申請中

定員及び注意事項
80名(定員に達し次第締切ります)
申込方法
指定銀行へ入金後、WEBよりお申込みください。
振込先
みずほ銀行本郷支店 普通預金 2807221 シャ)デンキセツビガッカイ
(銀行預金口座への振込をもって代金の受領書といたします。領収証の発行はいたしません。必要な場合はその旨をご連絡ください。)
申込締切り
2018年10月31日(水)
キャンセル
受講料金の返金は、一切いたしませんのでご注意ください。当日キャンセルの場合は代理の方が出席ください。
問合せ
一般社団法人電気設備学会講習会係
TEL:03-6206-2720 FAX:03-6206-2730
(お電話の掛け間違いには十分にご注意ください。)








page top