電気設備学会

講習会
蓄電池の動向と展望、安全性について

蓄電池は自動車の始動用や産業機器のバックアップ用途などで鉛電池が使用されてきましたが、ニッケル水素電池の登場により携帯機器やハイブリッド自動車などの用途にも広がりました。
さらに、近年はエネルギー密度で優れるリチウムイオン電池が開発され電気自動車や大規模蓄電システム等にも適用され急激に市場が拡大しています。その一方で、リチウムイオン電池では特に海外で発火事故も多発しており、大規模リコールも頻発しています。
本講演では蓄電池用途の動向や将来の展望、またリチウムイオン電池の安全性に関する設計やそれを規定する安全規格について紹介します。
奮ってご参加ください。

申込締切:2021年8月16日(月)23:59
定員:40名
※定員に達し次第締め切ります

お申し込みはこちら

開催日 2021年8月27日(金)14:00〜15:30 (受付:13:40)
場所 天神スカイホール(ウエストルーム)
〒810-0001 福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞会館16階
TEL 092-712-8855
定員 40名(定員に達し次第締切ります)
料金
  • 会員(正・賛助)
    無料
  • 会員外
    無料

詳細情報

テキスト 特になし
建築設備士CPD
(協議会CPD)
2ポイント(申請中)
申込方法 WEBよりお申込みください。
申込締切り 2021年8月16日(月)
キャンセル キャンセルの場合は事前にご連絡ください。
当日キャンセルの場合は代理の方が出席ください。
問い合わせ 一般社団法人電気設備学会九州支部 事務局
TEL 092-523-6341 FAX 092-524-3430
E-mail:gikenjim@kyudenko.co.jp
(お電話の掛け間違いには十分にご注意ください。)
主催 一般社団法人電気設備学会 九州支部
共催 一般社団法人建築設備技術者協会 九州支部
協賛 一般社団法人日本電気協会 九州支部

講習内容

時間 講習内容 講師
14:00〜15:30 蓄電池の動向と展望、安全性について 松原岳人 氏((株)GSユアサ 産業電池電源事業部)