電気設備学会

支部概要

支部長メッセージ

 2020年6月の総会をもちまして、四国支部長となりました徳島大学大学院社会産業理工学研究部の下村直行でございます。諸事情で一旦離れておりましたが改めて支部長の任を仰せつかり、新型コロナウイルスの世界的大流行の中、引き締まる思いでこれからの活動に思いを巡らしております。

 前回支部長の任に就きましたのは2011年のことで、東日本大震災の深刻な影響が残る中2012年1月に学会誌の巻頭言を寄稿したことが思い出されます。この時は震災からの復興に何らかの働きをしたいと考えておりましたが、空回りするばかりでした。今回もこのような状況下での就任となり運命を感じずにはいられません。

 この世界的大流行もいずれは収まると信じて疑いませんが、元の社会には戻れないといわれています。つまり社会的なシステムの変革が必然であり、求められているということです。そこには電気設備学会として取り組む課題があり、また地域に特有の課題もあります。そして、南海トラフ地震への備えも不可欠ですが、この流行下に対応したものを考えていかなければなりません。これらの点に注力していくことが、2020年の電気設備学会とその会員の使命と考え、努めて参りたいと思います。

2020年7月
一般社団法人電気設備学会
四国支部長 下村 直行

事業計画、事業報告

入会案内

新規入会のご案内(本部サイトへ)

支部役員、顧問、参与

支部賛助会員

(五十音順)(2020年4月1日現在)