電気設備学会

支部概要

支部長メッセージ

 東北支部は1995年10月に東北および北海道地区をカバーする広域の支部として関西支部、中部支部に次いで3番目に発足し、今年が25周年になります。1998年10月に北海道支部が分離独立した後、東北6県と新潟県を合わせた7県 の会員の皆様と共に、電気設備技術の普及・発展に努めてまいりました。

 支部役員は電気設備関連企業並びに大学教員の方々で構成され、皆様のご協力のもと支部定時総会、講演会、講習会および見学会等の支部行事を活発に進めています。

 自主研究として2010年に設置された「東北地域冬季雷害様相調査検討委員会」は第3フェーズに入り、これまでの雷被害の調査研究に関する内容について2019年電気設備学会全国大会において5件の研究発表を行いました。さらに、当支部に多大な貢献をされた方を顕彰する東北支部賞は、今年7回目を数えています。

 会員の皆様並びに関係各位に支えられて25周年を迎えられることを心から感謝申し上げますと共に、今後さらに支部事業を活発に推進し、地域社会に貢献して参りたいと考えていますので、皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2020年7月
一般社団法人電気設備学会
東北支部長 石川 和己

事業計画、事業報告

入会案内

新規入会のご案内(本部サイトへ)

支部役員、顧問、参与

支部賛助会員

(五十音順)(2020年4月1日現在)